【顔画像】藤子不二雄Aの妻(嫁)が美人!一目惚れして結婚?子供はいる?

  • URLをコピーしました!

オバケのQ太郎やプロゴルファー猿を手がけた有名漫画家の藤子不二雄Aさん

2022年4月7日に日本中から惜しまれながら旅立たれました。

そんな藤子不二雄Aさんにお弁当を作り続けていたが話題になっています。

今回は藤子不二雄Aさんが一目惚れした美人な妻(嫁)について、顔画像子供がいるかどうかも合わせてご紹介します。

目次

藤子不二雄Aの妻(嫁)が美人!

藤子不二雄Aさんの妻・安孫子和代さん(旧名:猪目和代)はとても美人だと言われています。

【顔画像】藤子不二雄Aの妻(嫁)が美人!

藤子不二雄Aさんの妻の顔画像がこちらです↓

abikokazuyo
出典元:Twitter

目が大きくて鼻も高い端正な顔立ちの美人ですね!

こちらは1977年6月10日号のアサヒグラフの1ページです。

家族ぐるみで仲良しの藤子・F・不二雄先生と藤子不二雄A先生の食卓が映された貴重な画像と言われています。

kazuyo2
出典元:Twitter

こうして見ると、藤子不二雄A先生の妻・和代さんは姿勢も美しいですね。

和代さんの左隣に座っているサングラスをかけた男性が藤子不二雄A先生

その向かいに座っている男性と女性が藤子・F・不二雄先生夫妻です。

本当に家族ぐるみで仲良しだったのですね!

藤子不二雄Aの妻(嫁)・和代のプロフィール

藤子不二雄A先生の妻・安孫子和代さんのプロフィールがこちらです↓

名前安孫子和代
読み方あびこ かずよ
旧姓猪目(いのめ)
生年月日1939年
学歴共立女子大学英文科 卒業
経歴日本舞踊『若柳流』の名取
静岡県の社長令嬢

藤子不二雄A先生と結婚されたのは1966年で和代さんが27歳の時でした。

日本舞踊の名取という経歴もあるので、姿勢も美しいのですね!

藤子不二雄Aが妻(嫁)に一目惚れして結婚?

藤子不二雄A先生は妻・和代さんに一目惚れをして結婚しています。

当時、仕事で忙しくなっていた藤子不二雄A先生はアシスタントを紹介してほしいと友人の小林画伯に頼みました。

その時に紹介された女性が和代さんだったのです。

安孫子先生は和代さんの顔を初めて見たとたん、それまで周囲に喧伝していた独身主義をあっさりと撤回し「彼女と結婚したい」と思ったそうだ。

引用元:藤子不二雄ファンはここにいる

たしかにあれだけ美人な女性を紹介されたら一目惚れしても不思議ではありません。

その後は同じスタジオで働いていた仲間に気付かれることなく交際を始めました。

1966年6月23日号の『週間平凡』で妻・和代さんと3年の交際を経て結婚したことが明かされたのです。

結婚式は東京ヒルトンホテルで行われて、仲人には手塚治虫さんが選ばれました。

一目惚れした相手を見事に射止めた藤子不二雄A先生はさすがですね。

藤子不二雄Aが妻(嫁)に子供はいる?

藤子不二雄A先生と妻・和代さんの間には子供はいませんでした。

夫婦の時間を大切に過ごされたのですね。

また、藤子不二雄A先生の妻・和代さんは1985年の大晦日に突然倒れてしまいました。

原因は脳内出血で、後遺症として半身麻痺と失語症を患ってしまいます。

藤子不二雄A先生の献身的なサポートを受けて、その後は少しずつ回復していきました。

藤子不二雄A先生はこの時のエピソードを執筆して本を出版しています。

この本のエピソードから、藤子不二雄A先生と妻・和代さんの絆の強さが伝わりました。

藤子不二雄Aと妻(嫁)の仲良しエピソード

藤子不二雄A先生と妻はとても仲良しで、毎日お弁当を作ってもらったエピソードがありました。

藤子不二雄A先生の実家はお寺で、小さい頃から精進料理ばかりを食べていました。

その結果、肉や魚を体が受け付けなくなってしまったのです。

超偏食な藤子不二雄A先生のために、妻・和代さんは毎日愛妻弁当を作り続けました。

脳出血で倒れて半身麻痺が残ったあとにも、毎日作り続けたと明かされています。

藤子不二雄A先生への愛情を感じますね…!

最愛の藤子不二雄A先生とのお別れという深い悲しみを抱えている妻・和代さん

今は葬儀の準備で追われている頃かもしれませんね。

お通夜や告別式がいつどこで予定されているのか気になる方は、こちらの記事でまとめているのでご覧ください↓

藤子不二雄A先生のご冥福をお祈りします。

目次
閉じる